みえてきたような気がする

 最近自分のやりたいことを徹底的にやれているのでとても毎日が楽しい

 強いていうなら炭水化物、特に焼いたトーストばかり食べていると脚気っぽくなって、昼間に立ったまま眠りの国に連行されそうになるのでビタミンBを摂りたい。ちなみに夜はねんでもいける。

 友人に「ひろくんは体力があるわけじゃなくて気力で押してる」っていうありがたいお言葉を貰った。多分その通りだと思う。やらなきゃじゃなくてやりたいでドライブしている。ここにきてデザイン大好きになりつつある。あとテクノロジーとインダストリアルテクノも

 

 デザインに全振りした僕のIAMASライフは既に1/8が終わっている

 UI/UXまわりを集中してやっていくことにした。これは単純に今までやってきたことの総まとめとしては最も良い材料だと思うし、僕のデザインに対する気持ちを一番直接的に表現できるジャンルってこともある。

 多分デザインは問題解決の手法であり、何かと何かを繋ぐものだと思う。問題と解決策であったり、マシンと人間だったり、デベロッパーとユーザーだったり、或いは僕と誰かだったり。

 最近はエンジニアの友人と一緒にアプリコンテストに出品する作品を考えている。面白いUIをデザインして彼とともに一花咲かせたいし、実は既にそれなりに行けそうなアイデアに到達している。

 某企業と共同研究のプロジェクトの方も一人できついけどなんとかやっていけそうに思えてきた。いえ、やります。ごめんなさい。

 

 でもUI/UXといっても僕はキラキラwebデザイナーにそんなになりたいわけでもない、わけでもないようなそうでもないような。もっと広義にUXという言葉を捉えたいと思っている。つまり画面から出たい

 スマホでは解決しようがない問題にUI/UXの観点から取り組んでいけるんじゃないかと思っている。多分それは今誰かに必要とされていることだし、やるべきことだと思う。行為の起点から終点までデザインし尽くしたい。画面の上を滑る指の動きだけじゃなくて人間の動き或いは生活まで操りたい。世間はやたらイノベーションって言葉好きだけどやり尽くした結果、できたものがイノベーティブだと嬉しい。

 修士研究になり得そうなテーマにもありつけたのであとはフルスロットルで爆走するだけだ。楽しい。そう、楽しい。ただひたすらに楽しい。